So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)

 ■25万〜50万円、塾などで利用を

 経済的理由による「教育格差」解消のため、兵庫県西宮市のNPO法人「ブレーンヒューマニティー」が、日本初の学習支援活動に乗り出した。生活保護世帯の子供を対象に、塾や予備校などの教育機関で利用できる25万〜50万円のクーポンを提供する。募金活動を行ったところ目標金額に達し、不況に苦しむ家庭が直面する問題を解消する新たな手法として注目されそうだ。

 この取り組みは「子どもの貧困撲滅プロジェクト Chance for Children」。

 生活保護世帯の小学生から高校生が対象で、既に欧米で実施されている補助金政策「教育バウチャー制度」にヒントを得て考案した。

 利用先を学校以外の教育機関に限定したクーポンを配布し、利用者は提携先の予備校などでクーポンで料金分の講義を受講できる。受験を控えた高校3年生が50万円分、それ以外の子供は25万円分のクーポンを受け取り、同法人が費用を支払う。

 同法人は昨年11月、資金を確保するために募金活動をスタート。プロジェクトのメンバーが阪急西宮北口駅前やJR三ノ宮駅前などで協力を呼びかけ、初年度の目標金額約140万円を集めた。

 プロジェクトの代表で関西学院大4年、雑賀雄太さん(22)は「改めて貧困や教育について、多くの方が危機感を抱いていると感じた」と話している。

 2月8日から募集を開始し、書類選考や面接などで4人程度の子供を選考する。平成23年度以降は年間約20人のクーポン配布を目指す。

 問い合わせはブレーンヒューマニティー事務局(TEL0798・63・4441)。

<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
小沢民主党幹事長の記者会見要旨<1>(読売新聞)

電気カーペット パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)

 経済産業省は25日、松下電工(現パナソニック電工)製電気カーペットのコントローラー部分が焼損する事故が8件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約116万枚について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、千葉県内で製品を使用中にコントローラーの表面などが溶け、床が焦げる事故があった。同様の焼損事故が7件あり、いずれもコントローラー内の回路に設計ミスがあったためにショートし、異常発熱したのが原因とみられるという。

 対象製品は92年2月〜05年3月に製造された「ホットカーペ ゆかピタ」「ホッと畳」などナショナル松下電工ブランドで販売された7製品90機種(計約115万枚)と、93年2月〜95年12月に製造され「コープこうべ」と「大阪北生活協同組合」で販売されたコープブランドの5機種(EC−8233やEC−2334など計1万枚)。

 問い合わせは同社(0120・550・703)。

【関連ニュース】
派遣切り争議:提訴の女性、パナ電工と和解 地裁郡山支部
パナソニック:持ち替え不要 前も後ろもとがったアイロン
パナソニック:先行サムスン追い上げの構え
パナソニック:「環境革新企業」目指す…10年度経営方針
パナソニック:Skypeと提携 テレビ電話可能機種発売

参院予算委 鳩山首相「解散・総選挙を行う意思ない」(毎日新聞)
<伊方原発>耐震安全性、国の安全委も認める(毎日新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)

春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)

 国公立大2次試験の願書受け付けが25日、各大学で始まった。受験生は、16、17日に行われた大学入試センター試験の結果を基に受験する大学を選び、出願する。締め切りは2月3日。

 文部科学省の集計によると、出願を受け付けるのは国立82校、公立73校で、募集人員は計約10万人。

 宮城県内では東北大、宮城教育大、宮城大の3校で受け付けを開始した。仙台市青葉区の東北大入試センターでは午前10時前、郵送で願書12通が届いた。職員は学部、前期・後期別に願書を仕分けして開封。書類に記載漏れなどがないか一通一通確認し、受験番号を割り振った。

 センター試験の結果によって門前払いする「二段階選抜」を予定しているのは、東北大の全学部など国立大38校の119学部と、福島県立医科大医学部など公立17校の41学部。

 2次試験は前期日程が2月25日から、後期日程が3月12日以降。一部公立大の中期日程は3月8日以降に行われる。

 新型インフルエンザに感染した受験生の受験機会を確保するため、今年は国公立大の大半が、2次試験の追試験を実施する。


舛添氏、小沢氏が聴取受けるのは「当たり前」(産経新聞)
不正入手の映画提供、ネットカフェ強制捜査(読売新聞)
節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)
デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
衆院代表質問 首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)

<総務省>58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分(毎日新聞)

 総務省は22日、雇用保険料で運用される雇用安定事業と能力開発事業について、08年度に実施した102事業(当初予算額1371億円)のうち過半数の58事業(同937億円)で不適切な内容や手続きが確認されたとして、厚生労働省に改善するよう勧告した。中でも、働く女性をサポートする施設「女性と仕事の未来館」(東京都港区)は事業費よりも人件費などが過大で、廃止も含めて検討するよう求めた。

 調査は08年12月から今年1月、厚労省や全国の公共職業安定所、事業所などを対象に実施。勧告によると、常用雇用を希望しない労働者に常用雇用を勧める事業や、奨励金を申請する際に必要のない資料を提出させているケースを確認。留学生など外国人の求職者向けパンフレットでは、外国語の表記がなく、すべて日本語で書かれているものもあった。

 「未来館」については財団法人「女性労働協会」に運営を委託しているが、08年度の運営費3億2333万円のうち事業費は9451万円と全体の3割以下。残りの7割は人件費や管理費に使われていた。【石川貴教】

【関連ニュース】
消防職員:団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省
名古屋市:住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達
総務省:「平成の大合併」は打ち切り 法案提出へ
総務省:日本郵政検証委員会を設置…3月末に報告書
総務省:通信・放送関連法を再編…地デジ化見据え

願書受け付け開始=来月3日まで−国公立大2次試験(時事通信)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)

党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に−首相(時事通信)

強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)

 知人らを脅して暴行し、車を奪ったなどとして、滋賀県警は21日、強盗致傷や組織犯罪処罰法違反などの疑いで、指定暴力団山口組淡海(おうみ)一家の若頭補佐、山田浩二容疑者(42)=大津市坂本=ら組員など11人を逮捕、同市内の淡海一家本部を家宅捜索した。

 県警によると、淡海一家は山口組組長の出身団体、弘道会(名古屋市)との結びつきが強く、取り締まりを強化していた。

 逮捕容疑は、昨年9月、大津市内で現金を脅し取ろうと知人の男女計4人を呼び出し、「いますぐ1500万円用意しろ」などと脅して携帯電話や車を強奪。このうちの男性1人に暴行を加えてけがを負わせたほか、4人を車内などに監禁したとしている。

 県警などによると、淡海一家は構成員、準構成員合わせて約50人。京都府警が昨年12月、みかじめ料名目の別の恐喝容疑で総長の高山義友希容疑者(52)を指名手配している。

【関連記事】
組幹部、偽バイアグラを販売容疑で逮捕
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉
山口組、年賀状に「謹賀新年」ダメ…組長服役中で自粛か
山口組、一般の親子にお年玉配る…最高3万円の現金も

救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分−愛媛県警(時事通信)
石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)

<バンクーバー五輪>にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)

 【バンクーバー(カナダ)飯山太郎】2月12日(日本時間13日)の冬季五輪開幕を待つバンクーバー市。街の中心部にあるスケートリンク「GEアイスプラザ」は、一足早い五輪ムードを味わおうという家族連れやカップルで、連日、夜遅くまでにぎわっている。

【特集】総力特集 写真と記事でみるバンクーバー五輪

 リンクは市の目抜き通り「ロブソンストリート」沿いに建つ。資金不足で2000年に一度閉鎖されたが、五輪スポンサー企業や地元ブリティッシュコロンビア州の援助を得て、昨年11月にリニューアルオープンした。

 地元のスケートクラブによるアイスショーなども行われ、市民がスケートに親しむことに一役買っている。

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:健闘誓う…日本選手団が結団式・壮行会
バンクーバー五輪:「最高の結果を」首相が壮行会でエール
バンクーバー五輪:ホームレス宿泊施設オープン
バンクーバー五輪:スピードスケート会場など公開

<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
介護2施設でノロウイルス=1人死亡、41人発症−北海道(時事通信)
「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)
<石川議員逮捕>「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
アナログ放送を48時間停止=地デジ完全移行へリハーサル−石川・珠洲市(時事通信)

<故橋本昌二九段を語らう会>2月27日、大阪市で(毎日新聞)

 故橋本昌二九段を語らう会=囲碁棋士九段、元関西棋院理事長・09年12月2日死去=2月27日午後2時、大阪市北区中之島5の3の68のリーガロイヤルホテル・桂の間、桐の間。「故橋本昌二九段を語らう会」実行委員会(委員長、塩川正十郎・関西棋院理事長)の主催。会費1万円。事前申し込みが必要で、問い合わせは同委員会(06・6231・0186)。

第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
<日本航空>新社長 ジャルエクスプレスの来栖社長が有力に(毎日新聞)
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定−北海道警(時事通信)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)

震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)

 神戸市中央区の東遊園地で17日未明から開かれた追悼式典に、18日が15歳の誕生日の市立本山中3年、是枝強志君(15)は、初めて家族5人で参加した。

 15年前の1月17日、強志君は東灘区に住んでいた母、貞美さん(46)のおなかの中にいた。ちょうど出産予定日。激震が去った後、貞美さんは「明るいうちに産みましょう」と担当医から言われ、取る物もとりあえず入院した。

 父の浩昭さん(48)は近くの実家へ急いだ。文化住宅の1階。全壊した建物から母を救出し、がれきを掘り起こすと、姉の紀美さん=当時(35)=の手があった。握るともう冷たい。全身の力が抜けた。

 悲しむ時間はなかった。遺体を学校の体育館へ運ぶと、腰の骨を折った母を入院させ、貞美さんのいる病院へ。24時間後、強志君が生まれた。

 貞美さんには紀美さんの死を隠した。貞美さんとわが子の寝顔を眺めていると、ぽろぽろと涙がこぼれた。わがことのように誕生を心待ちにしていた紀美さんに、一目見せたかった。

 ≪形見のおくるみ≫

 出産3日後に退院し、兵庫県明石市の姉宅に身を寄せた貞美さんは、会社の同僚からの「お義姉さん、残念やったね…」との電話で紀美さんの死を知った。2週間がたっていた。浩昭さんが親戚(しんせき)と走り回り、5日後にやっと愛知県で荼毘(だび)に付したと聞いた。悔しくて泣いた。

 ある日、浩昭さんは実家のがれきの中から、袋に入った手編みのおくるみを見つけた。完成間近で、毛糸玉と編み棒がついたまま。和裁をしていた紀美さんは生前、「お宮参りの着物は私が縫うからね」と話していた。笑顔の赤ちゃんをひよこが囲むかわいらしいデザイン。姉の思いとその優しさに、また泣いた。強志君と2人の弟はそのぬくもりに包まれて育ち、浩昭さんに似たラグビー好きの元気な少年に成長した。

 10歳の誕生日を前に、浩昭さんはおくるみの話をした。宝物のように保管されていたおくるみの絵柄を見て、強志君は「楽しそうやなあ」とつぶやいた。写真でしか知らないおばさん。「僕の子供も、このおくるみで育てたい」

 ≪将来は消防士に≫

 今春、中学を卒業する強志君の夢は消防士。「人を助ける仕事がしたい」。初めて家族全員で参加した追悼式典、ろうそくに火を灯し、おばさんを祈った。

 あたたかいおくるみ、ありがとう−。

小惑星探査機 「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)

室内に練炭…家族3人死亡、中2女子重体 浜松(産経新聞)

 13日午後1時50分ごろ、浜松市西区大人見町の無職、大庭和介さん(62)方の1階和室に敷かれた布団の上で、大庭さんと妻ら家族計4人が倒れているのを、訪ねてきた長男(39)が見つけ119番通報した。

 浜松中央署によると、大庭さんと妻の美和子さん(62)、養女の佐登子さん(59)は病院に運ばれたが死亡。孫で中学2年の女子生徒(14)は意識不明の重体だという。

 同署の調べでは、大庭さん方は4人暮らし。室内から燃えた練炭の固まり4個が見つかった。死亡した3人に目立った外傷がなく、玄関や勝手口が施錠されていたことから、同署は心中の可能性があるとみて死因を調べている。

【関連記事】
自殺サイトで20代女性と心中 同じ車内の男を逮捕 山梨
「妻が重病なので天国に送った」嘱託殺人で54歳夫逮捕
[羽曳野猟銃発砲]発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」
集団自殺に失敗、仲間放置の大学生ら3人逮捕
自殺に失敗、寒くて119番 家賃着服を告白して逮捕

<長崎漁船不明>第2山田丸?海底で船影確認 (毎日新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
<火災>桑田真澄さんの父、泰次さんが死亡 住宅が全焼(毎日新聞)
富士重工、防衛省を提訴…ヘリ発注打ち切り(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。